Loading...

選ばれる理由

スマホ
タブレット/pc

キーワードは「60cm」~心あたたまるお客様との対話を目指して

環境に対する意識が日々高まる社会において、リサイクル、リユースに対する考え方も日々進化しています。月日が流れ、通信やネット環境も日々発達し、個人の生活スタイルも変化しつつあります。

そんな変化の中でも、私たちが大切にしているのが「人と人の語らい」お店のカウンターの幅は約60cm。

どんなに通信やネット環境が発達しても、私たちはこの60cmの距離での会話を通して、緊張してドアを開けられたお客様も帰るときには元気になっている。そんな店舗づくりを目指しています。

お客様の気持ちに寄り添うやさしさ~

世の中のリユースショップの中には、「専門的な買取品目」から「なんでも買取します」というお店もあります。私たちのお客様に対するやさしさは、「どんなものでも査定」やはり会話から始まります。

お客様の知りたいこと、私たちの知識を共有して、できるだけより良い価格での査定、お客様が迷っているときには、無理に売却を強要しないことを心掛けています。さまざまな事象の積み重ねを情報と知恵の集積にして、地域にしっかり密着し、さまざまなお客様の問題解決のお手伝いができるよう務めてまいります。

あまりお値段がつけられない製品でもお客様にとっては、お金に換えられない大切な宝物もあります。全従業員が、お客様の気持ちに寄り添って対応できるように心がけています。

お客様のトータル的な問題解決を目指して
~専門分野のお客様からのご依頼も受けています。

私たち買取専門東京市場の店舗は、単純にお客様にお持ちいただいた品物を売り買いするだけのお店ではありません。品物を売りに来られたお客様のほとんどが、少なからず日常生活における身の回り品に対する悩みを抱えておられます。

また、店舗に来られるお客様のほとんどが、お片付けに関するご質問をされます。価値があるものなのか判断できずに「とりあえず取っておこう」ということの積み重ねが、家の中に物が蓄積されるケースがほとんどですが、最近では家の中のものを丸ごと査定してほしいというご依頼も増えています。

また、法律事務所様を通して裁判所のお仕事、不動産業者様や販売店様、家屋解体業者様からの査定など専門分野のお客様からも信用のある店舗としてご依頼をいただいております。

高額査定を可能にする仕組みづくり
~ 常時市場の最新情報を入手、10年分のデータを蓄積

東京市場グループは、小さな店舗、少数精鋭スタッフ。大きな店舗で営業するリサイクル、リユースショップではスタッフの数、店舗の規模では敵いません。しかし大きいからこそ多額の経費、例えば家賃、光熱費、スタッフの人件費、駐車場代などお客様から相応の利幅を確保しなければ店舗は存続できません。

また、店舗で買取、販売まで完結するスタイルは、その地域だけの商圏で販売しなければなりません。リユース製品といえども旬もあります。店舗販売では、値下げのリスクもあります。東京市場グループでは買取に特化し、経費をかけ過ぎずお客様に還元。買取専門東京市場の販売市場は、国内のみならず、海外バイヤーとも交渉。お客様とのご成約が終了した時点で、その製品の行き先は決まります。

ブランドの人気、相場の推移など最新の情報を入手してお客様に情報を提供しています。結果、情報の遅い買取店では買取専門東京市場より高額な査定をお客様に提示することはできますが、市場での販売は、困難になるはずです。買取専門東京市場は、最新の情報をお客様に提供し、他店で売却するアドバイスをする事もあります。

買取専門東京市場は法令を遵守します。
~ブランドコピー、模倣品、海賊版等の製品は取り扱いません。

模倣品とは特許権、商標権などの知的財産権を侵害した製品のことで、バッグや財布、時計などの偽ブランド品のほか、有名メーカーの電化製品などを模倣した例があります。海賊版は著作権者の許諾を受けずに複製(コピー)された製品のことで、書籍、音楽・映像・写真やソフトウエアなどを複製した例があります。

ブランド製品や人気のブランド時計に至っては、ブランドと同じ材料、製造職人を雇うケースもあり、真贋の見分けが難しい製品も多くなっており、入手経路がわからないお持ち込み製品についてはお預かりさせていただくケースもございます。

また、悪質なケースと判断した場合や意図的に持ち込まれるケースに関しては、警察への相談、被害に関しては警察顧問弁護士を通して対応させていただきます。

買取専門東京市場は、お客様に正しい対応をいたします。

出張買取、宅配買取について法令に基づいた説明、対応をいたします。古物営業法に基づいていただいたお客様の個人情報は、法令に従った保管のみとし、勧誘メール、アポイントなどには利用しません。店舗で使用する秤は、検定証印、基準適合印のついた正確な秤を使用し、都道府県、市町村の計量士の定期検査を受け使用します。

買取専門東京市場は、チラシや広告媒体に掲載する誇大広告を禁止し、お客様を混乱させない正しい表示、説明を心がけます。不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)及びガイドラインに従い過大な景品類の提供を禁止します。

景品表示法詳細はこちら

テレビCM・ラジオCM 絶賛放映中!
採用情報 RECRUIT
会社概要
FC加盟店募集中
法人買取について
出店用地募集中
東京市場公式Twitter
ピアノのことなら東京市場楽器

2022 東京市場