フリーダイヤル:0120-552-010

東京市場

業界最大級の買取品目。東京・海外市場直結だから高い

おしらせ

スリランカ・インド事業部より新年のご挨拶とご報告。

2017年1月6日おしらせ

新年あけましておめでとうございます。
スリランカ・インド事業部より新年のご挨拶をさせていただきます。

弊社の海外拠点となるスリランカ事務所は首都コロンボから約20km、車で約1時間の
ガンパハ県にございます。

弊社事務所は弊社現地支配人ガンガ・エディリシンゲの自宅兼事務所敷地内にござい
ます。

img_0878 img_0876

左が弊社現地事務所、3階建てです。そして右はガンガ支配人の自宅兼事務所です。
弊社の支配人を務めるガンガ氏は現地で複数の事業を行っており、弊社の貿易事業と現
地での事業にはなくてはならない存在です。

img_1008 img_1007

2階は会議室とゲストの宿泊施設、3階は社員社宅となっています。

img_1089 img_1090

現地重要顧客の大手建設会社ナンダナ氏のオフィスにご挨拶。(写真左)
そしていよいよ登場、ガンガ支配人と弊社海外事業部担当役員(写真右)

img_1091 img_1094

ナンダナ社長は日本のゼネコンとのJVを含め、建設、土木事業も多数手掛ける総合建設
会社、社員数600人の会社代表です。

img_1101

そしてガンガ氏が建設するショッピングセンター。
弊社もテナントとして入居を計画中です。

さてなぜスリランカなのか。
単純なビジネスとしての開拓拠点ではなく、弊社とスリランカとの関わりは約12年前に
遡ります。

2004年12月26日北西沖のインド洋で発生したマグニチュード9.1の大地震、所謂スマ
トラ島沖地震によってスリランカでは35,000人を超える人が亡くなりました。家を失
った人は推計83万人という大参事となりました。

当時、現弊社役員が、北陸富山県を中心に現在もNGO活動をされている川渕映子さんに
同行し、全くの手さぐりの状況からNPOのちに現地NGOを立ち上げ、活動の途中から微
力ながら弊社代表も加わり、その支援は現在に至ります。

支援と言ってもスリランカは当時内戦末期、幼稚園を建設することになったゴール県ハバ
ラドゥアは、空港から悪路を5時間以上かかる地域で、走る傍から爆撃を受けるなど危険
と隣り合わせの支援でした。

img_1346 img_1348

当時の活動報告です。建設費の高騰により工事ががなかなか進まずという状況が報告さ
れています。

土地は現地寺院より安全な内地に建設場所として無料で提供を受けましたが、地震によ
る建設資材などの高騰などで当初200万程度と見込まれた幼稚園建設は、最終的には
600万円以上の費用を投入することになります。

この費用には弊社役員の地元である北陸地方の方々の多大な寄付やチャリティ活動によ
り捻出されました。

img_0118

弊社役員も仕事の傍ら東北、北陸とさまざまなイベントに参加して資金を集めました。
今となっては本当に懐かしい思い出です。

 

img_0889

開園10周年を迎えた現在の幼稚園です。

この度、幼稚園の完成から10年を記念した式典に招待を受けて、弊社代表と役員、そ
して当時、現地NGO支部長を務めていた現弊社のスリランカ事業部支配人の3名で参
加させていただきました。

img_0944 img_0892

当時入学した園児は30名、現在は130名を超える園児が元気に幼稚園で学んでいます。

img_0939 img_0948

弊社役員と代表はサンタクロースに着替えてお客様にお売りいただいた玩具などの一部
をプレゼントとして寄贈します。

img_0980 img_0981

開園当時から園をまとめるナボダニ先生と敷地内にある寺院の大表僧侶から記念品を受け
取る弊社 役員。

img_0990 img_0995

突然の祝辞の依頼も難なく英語でスピーチ。そしていよいよ子供達にクリスマスプレゼ
ントの贈呈です。

img_0965 img_0986

短い練習期間でたくさんの演技を次から次へ発表していきます。

img_0972 img_0983

スリランカの親御さんも日本に負けないほど教育に熱心です。
園児の3倍はいます。

img_0907 img_0909

最後に先生たちとの食事会の様子です。
悩みや要望、幼稚園のこれからの話をしています。

img_1010

いただいた記念品です。
当時はとても想像できなかった発展ぶりです。子供たちの笑顔が何よりのお土産と
なりました。

今後は、海外拠点のページを増設しまして、ビジネスや支援活動をご報告させてい
ただきたいと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。
img_0879 img_1009

HKSビクトリージャパン株式会社
スリランカ・インド事業部

No.164, Naranwala,Gampaha,Sri Lanka

岩手県 盛岡市に盛岡店が待望のグランドオープン。

2017年1月6日おしらせ

平素は格別のご高配にあずかりまことに有難く厚く御礼申し上げます。

日頃より買取専門 東京市場各店をご利用いただきましてありがとうございます。

このたび弊社、東北北海道事業部では、日々たくさんのお問い合わせをいただいており
ます岩手県の皆様のご要望におこたえして 「買取専門 東京市場 盛岡店」を本日オープ
ンいたしました。

朝からたくさんのお客様にご来店いただき心よりお礼申し上げます。

 

 

dsc00953 dsc00956

dsc00952 dsc00948

お店は、県営運動公園から北へ約2km。盛岡大付属高校裏手、コンビニエンス・ローソン
の正面、福田パンさんの跡地にございます。

岩手県交通、雇用住宅前バス停も目の前。IGR銀河鉄道「厨川駅」からも徒歩10分と
いうアクセスの良い立地で大通りに面しており専用駐車場も完備しておりますのでお車で
も来店しやすい立地になっております。

買取専門 東京市場は清潔な店内、自然とエコを意識した緑のカラー、梟(ふくろう)の
マークで統一され、外観も全店共通の一目でわかる統一ロゴ、書体となっております。

また、買取専門 東京市場では『なんでもどんな状態でも無料査定OK』をテーマとし、
お客様に愛されるお店づくり、女性1人、お子様連れでも安心の店舗づくりをはじめ、地
域のお客様との深いコミュニケーションを取りながら地域密着型の店舗運営を目指します。

今後とも買取専門 東京市場グループを何卒、より一層お引き立ての程、よろしくお願い
致します。

皆様のご来店を心からお待ちしております。

HKSビクトリージャパン株式会社
東京市場グループ

■本社・九州沖縄事業部

■東京本部・卸事業本部・海外流通事業部

■東北北海道事業部

■北陸事業部

■スリランカ・インド事業部